いろんな経験をさせてもらって
成長も褒められてます

永田 真菜

2020年入職(2021年5月現在)

#新人

少しずつ動けるようになってきました

はじめは何をやればいいかわからなく、環境に慣れることにも時間がかかりました。
その中で、看護の勉強も難しく感じることもあり、入職当初は大変でした。
今は少し動けるようになったのと、次に何をすればいいか分かるようになってきました。
1人でできることも増えて、看護師長や主任に「成長したね」って言われると嬉しいです。
急変のシミュレーションが頭に入ってて、対応ができた時は自分でも成長できたかなって、よかったなって思います。

研修での振り返りで
成長に気づけた

できなかったことが多かったですが、動きが良くなったことも褒められましたし、何ができなかったのか、できるようになったのかを振り返る機会があったのもよかったです。
プリセプターは優しく教えてくれましたし、たまに怒られたりもしました。
ひとつひとつ分からないことは教えてくれましたし、看護処置を見守ってくれたり、丁寧に指導してくれたと思います。
他の病院ではやらないようなバルーンやマーゲンの処置もやったりするので、いろんな経験させてもらってると思います。
最初は1人の患者さんを看ることからスタートして大変だったのに、先輩たちのように数部屋の患者さんを自分で見れるようになるのかなって悩みました。
先輩たちには及ばないですが、でも、今は先輩達と同じだけの患者さんを担当しています。

同期と会うと嬉しい

同期5人は仲がよくて、先輩たちからも「仲がいいな」と言われることもあります。
大きな病院ではもっと新人がいるらしいですけど、この人数、この5人だからよかったなって思います。
面接の時に面接官だったのが看護部長さんで丁寧に優しく対応してくれて、病棟を見させてもらった時も師長さんが笑顔で挨拶してくれて、雰囲気よかったです。
もっとゆるやなか職場やと思ったのですが、入職してからは意外と忙しい面も多いです。
そんな中で、同期と会うと嬉しいですし、いい同期やなって思います。

異変に気づけて対応できる看護師に

患者さんに寄り添える、力になれる看護師になりたいです。
声かけのタイミングとか、患者さん異変に気が付けて対応できる、精神面でも傾聴できるっていうのがやっていきたいです。
患者さんが私にすごく頼ってくれて、名前も呼んでくれて、色々聞かれたりしたことが嬉しかったですね。
そんな時に、少しは寄り添える看護ができてるかなって思います。

求職者へのメッセージ

人工透析を学びたい人に、ここはいい病院ですが、何を学びたいかってのにもよりますが、私は臨床経験がしたくて、いろんな経験をして学ばせてもらってますし、たくさんの処置もしています。
病棟を希望して就活をしたのが遅かった時に、たまたまこの病院を紹介されたのがきっかけでタイミングと直感で決めました。
少し注意されただけで、何度も落ち込んだりしたんですけど、そのおかげで成長できたなって思えるし、先輩たちの指導も環境もあるところだと思います。

医療法人北辰会 天の川病院

病院見学随時受付中。
私達の雰囲気を肌で
感じてみてください。

私たちは、天の川病院の理念に共感し、医療サービスの向上に取り組んでくれる仲間を募集しています。
安心して働くことのできる環境をご用意し、お待ちしています。

採用情報 応募フォーム